大変なところ

私はここ最近になってからガチャガチャをする機会がとても増えました。
と言いますのも、息子が成長して色んなものへ視野が広がり、段々と男の子向けアニメのガチャガチャにも興味を持ち始めたからです。
ましてや、私が以前にガチャガチャをやった際に出た好きなキャラクターを以前から鍵などに付けていたのですが、息子がそれを真似したがり「僕もガチャガチャやりたいし、欲しい!」と、感じるようになり、余計にガチャガチャへの願望が強くなってきたみたいなのです。
そんな訳で、最近急激にガチャガチャをやる機会が増えました。

最近のガチャガチャは(ものによりますが)、なかなかしっかりと作られているせいか基本的にどれもお値段が200円くらいです。
確か昔のお値段は100円のものが多かったような気がしますので、恐らくクオリティーが上がり単価が高くなったのかな?なんて感じます。
あ、因みに息子の心をガッツリ鷲掴みにしているアニメは、『ドラゴンボール』シリーズです。
今現在、アニメはやっていませんが、ゲームセンターなどに行けばガチャガチャ本体が大体2~3種類くらい置いてあります。

ただ、意外と今も大人気のドラゴンボールですので、売り切れるのも早いです。
また、子どもとやりに行く上で、「売り切れるのが早い」というのはガチャガチャ本体が中古で買えるショップの大変なところでもあります。
何故ならば、売り切れますと当然ながらガチャガチャ本体が売り場から無くなってしまいます。
息子が休日に楽しみに期待しながら行って、いつもの場所から突然ガチャガチャ本体が消えているとかなり落ち込むのです。(苦笑)
親としては「仕方ないよ」と言いたいところなのですが、息子があまりに悲しそうな表情をしますから、複雑と言いますか、やや悩ましいです。
ですので、売り切れで無い場合、(毎回ではないですが)わざわざ売っているお店を探して移動したりもします。
大変ですが、息子にとっては『休日だけ特別に一回できるもの』と言い聞かせてしまっている分、やむを得ない感じです。
そして、無事ガチャガチャが出来た日はかなりご機嫌で、自分の宝箱に入れて大切にしまっています。(笑)
まぁそんな感じで、最近息子の休日の一番の楽しみとなっているドラゴンボールのガチャガチャに関する、我が家のお話でした。