やはり運動ですね

妊娠中の足のむくみってその程度の差こそあれ、本当に良くある事のようです。
けれど、やはり実際に自分がなってみると象みたいな足になっててショックを受けたものです。
私は、足のむくみが妊娠後期に酷くなってしまいあれこれ対策をしていました。
私がやっていた解消法の一番はやはり運動です。
とはいえ妊婦が激しく動くわけにいかないので、ちょこちょこ休憩はとりつつ、少し早めに歩くように意識したお散歩を毎日していました。

もちろん身体を冷やさないように服装にも気を使っていました。
冷えるのも血行を悪くして、妊娠中の足のむくみの悪化につながるので肌はほとんど出さないでいました。
そして散歩してる時も適度な水分補給も大切なので水筒には利尿作用もあるルイボスティーを煮出して少し冷ました入れて小まめに飲んでいました。

まあ後期は特に膀胱が常に押されていてトイレが近くなってるから出来れば水分は取りたくない気持ちもあったけれど、水分を控えすぎるのもむくみの原因になるから頑張りました。
そして、食事は出来るだけ薄味でレモンやお酢を使って塩分が多くならないように気をつけていました。
通っていた産院の助産師さんからは、根菜を取ると血液の循環に良いからむくみに効くとアドバイスを受けたので、それからは我が家はレンコンやごぼうを使った煮物もよく食卓に並ぶようになりました。
また、カリウムを含む芋類も勧められたので意識的に摂取しました。
慣れると薄味でもいけるし、出汁をしっかり使えば塩分は減らせますね。
そうやって頑張っていたらむくみはかなり解消されました。
むくみを放置しないでちゃんと対策して無事に出産したので良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です