しめつけが厳しいものもある

着圧ガードルを選ぶ時は、体にきちんとフィッティングしているかどうか、そういった部分はしっかりチェックしておきました。少しでもきつい感じだと、日中過ごすのも大変になるので、あまりしめつけが厳しい感じだったら無理だな〜と感じていました。やはり着圧ガードルは、程よい感じでしめつけられて、呼吸するのも厳しい感じだと後々影響が出てくるので、そういった部分がないか、ビーナスカーブの効果を着用してしばらく様子を見ることにしました。きちんとサイズにあったものを購入したいと考えていたので、費用に関してもそれなり高いものを選ぶことにしました。安い着圧ガードルだと、体にフィットしなかったり、しめつけが厳しいものもあるので、フィッティングしてサイズや体型にあったものかどうか、判断することにしました。着圧ガードルを購入するショップは、デパートの中に入っている下着専門店で購入することにしたので、けっこう長年利用しているお客様もいるところですし、安心して購入できるお店なので信頼して利用することにしました。個人で経営されているお店も沢山ありますが、やはり矯正下着は高額なところも多く、信頼できるショップで購入しないと、後でサイズ調整したいときに保証がなかったり、色々とトラブルは避けたいな〜と感じていたので、デパートの中に入っている下着専門店を利用して着圧ガードルを購入することにして、サイズも測ってもらいフィットするものを選びました。